NoobowSystems Lab.

Radio Restoration Projects

Hallicrafters S-38C
General Coverage Shortwave Communications Receiver
(1953)

click here for larger image
    Produced for 15 years from 1946 to 1961, S-38 series must be the most well known receivers manufactured by Hallicrafters. Production of the shortwave receivers for consumers openly resumed as the WW2 ended, S-38, designed as the entry level low priced receiver, certainly introduced many youngsters into the world of radio and electronics. Therefore it might be said that the S-38 contributed to the progress of American science and technology thereafter.
    Buying an American made equipment, however, was still a dream for the most of Japanese amateurs at that time, even for the low priced models such as S-38. Many Japanese manufactures, including a company now called Kenwood, followed or referred, if not copied, the S-38's unique and superb design and introduced to JA hams.
    This page describes the brief history of S-38 series and its feature, as well as my restoration project which is still a long way to complete.


History of S-38 Series

    ハリクラフターズ社 を代表する短波受信機の一つといって間違いないのが、1946年から1961年までの15年間にわたって発売されたS-38シリーズです。 終戦に伴い民生用短波受信機の生産が再開され、そして入門者向け低価格レシーバとして意図されたS-38 は数多くの青少年をエレクトロニクスの世界に誘い、 大袈裟に言えばその後のアメリカの科学技術の発展に寄与した、といえるでしょう。 このラジオはまた、いくつかの日本の無線機メーカーにコピーされもしました。

注: 古い日本の雑誌では「ハリクラフター」と書かれている場合が多いですが、これは完全な誤り。

    S-38の直系の先祖はエコーフォン・ブランドで発売された エコーフォン EC-1 までさかのぼれます。戦時中で唯一、民生用の短波受信機として販売されたEC-1は3バンド6球スーパーヘテロダイン。 スプレッド・バリコンはメイン・バリコンと一体になっています。
    後継機 エコーフォン EC-1A では真空管構成が変わり、S-38の原形となる特徴的な「分度器2つ」ダイヤルになります。 EC-1BはEC-1Aと同じ外観ながら、バンド・スプレッドとしてバリコンではなく局部発振コイルのスラグを動かす方式を取っています。 1946年、EC-1Bはケースやダイヤルの色およびつまみの形に変更を受けて、S-38の発売直前の短い間、 ハリクラフターズ S-41G/W スカイライダー・ジュニア として再デビューします。

    エコーフォンEC-1Aをベースに、Raymond Loewy氏の外装デザインにより再設計された 初期型S-38 は6球スーパーヘテロダイン。短波帯は3バンドに分割され、BFOピッチコントロールをフロントパネルに持っていました。 ハリクラフターズ社は低価格機を発売することによってハリクラフターズ・ブランドのイメージが傷つくのを恐れてエコーフォン・ブランドを使用していたわけですが、 S-38の発売により多くの少年が憧れのハリクラフターズを手にすることができるようになったわけです。

    初期型S-38はすぐに S-38A に置きかえられます。 BFOとANLを構成していた12SQ7が取り除かれ、5球構成になります。 BFOは12SK7中間周波数増幅管で兼用され、ANLとBFOピッチコントロールは削除されました。

    S-38C はS-38Bとほぼ同等ですが、ケースの塗装が黒からシルバーグレイのハンマートーン塗装に改められ、 中間周波数増幅とBFO用の真空管が12SK7から12SG7に置き変わっています。 S-38シリーズの代表機といってもよいと思います。発売は1953年から1955年。定価49ドル50セントでした。

    S-38D からはそれまでの分度器2つダイヤルが横行きダイヤルに置き換えられるという外観の大変更。 依然としてよく売れていたようですが、魅力が大きく損なわれてしまった感があります。

    1957年発売の S-38E では、それまでのメタル・GT管構成からMT管構成に変更されます。

    1961年にS-38シリーズは、似たような回路構成ながら外観を完全に新しくした後継機、 S-120 に置きかえられます。 B電源の整流にセレン整流器を用いた4球式。 この時点で当初のハリクラフターズらしさは完全に色褪せ、 安い日本製トランジスタ受信機が台頭してゆくなかの1964年にS-120もラインアップから姿を消してしまいます。

Configuration of S-38C

    S-38Cの基本設計は終戦直後のモデルであるエコーフォンEC-1Aから大きくは変わっていません。
    ロータリースイッチによる4バンド切り替えで、540kHzから32MHzまでをカバーします。
    回路的にはごく平凡なAC-DCセット (日本で言うトランスレス・タイプ) の5球シングル・スーパーヘテロダイン構成であり、 中間周波数は455kHzです。 使用している真空管は世代的には大戦直後と変わらない、メタル管とGT管です。
    電源スイッチはボリューム・コントロールと兼用です。
Click here for larger image

click here for larger image
TUBES USED IN HALLICRAFTERS S-38C
TYPE ENVELOPE TUBE FUNCTION
12SA7 Metal Pentagrid Converter Frequency Converter
12SG7 Metal Semi Remote Cutoff Pentode IF Amplifier / BFO
12SQ7GT GT Twin-Triode + High-Mu Triode Detector / Audio Amplifier
50L6GT GT Beam Output Tube Audio Output
35Z5GT GT Diode Rectifier

    チューニング機構はエコーフォンEC-1Aと同じ で、メイン・バリコンとバンドスプレッド・バリコンは一体になっており、左右のチューニングつまみから糸掛け駆動されます。 CDマークは入っていません。ダイヤル盤は上部から豆電球で照らされます。が、全くのお世辞。
    フロントパネルの3つの赤いスライド・スイッチは以下の働きをします。

スライド スイッチの動作
C.W./A.M. C.W.にするとBFOがONになり、CWあるいはSSBを受信できます。 が、回路図を見ればわかるように、多くを期待してはいけません。
PHONE/SPEAKER 内蔵スピーカと、背面のヘッドホン出力の切り替え。 旧態依然としています。ハイインピーダンスのヘッドホンを使用します。
STANDBY/RECEIVE スタンバイ・スイッチ。となりに置いた送信機で送信するとき、このスイッチで受信機の動作を一時停止します。スタンバイにすると中間周波増幅管12SG7のカソードが切り離され、動作を停止します。
この受信機にはトランシーブ動作用のコネクタはありません。

Click here for larger image
    大量生産で低価格を目指すために、キャビネットは薄いスチール板のプレス成形で作られています。 そのためうっかりすると作業中に指に切り傷を作ってしまいかねません。 スピーカはケース上面に取り付けられています。 が、音質を考えればぜひ外部スピーカを使いたいところ。 以前のオーナーはアンテナ・ターミナル脇に穴を開けていますが、この意図は不明。

Restoration

    ヨメが日本に帰っているときにリバモアを車で走っていたら、なにやら大きなスワップミートが。 中に入って見るとそれはいわゆる旧車ファンのためのスワップミートで、 100軒以上のセラーが店を並べて部品やら何やらを売っており、みんな鉄屑を手に取り楽しそうに談義しています。 私は幸か不幸か、四輪車、特にアメ車にはほぼ興味がないのですが、 美しくレストアされた車のコンクールもあり、 ぴかぴかのマスタングやらクロームメッキが輝くスーパーチャージャ付きフォードトラックやらがそれこそ何百台も、ずらりとならんでいます。 アメ車に興味がない(自分の車はシェビーだけど)とはいえ、これは圧巻。 ビール片手にしばらく青春時代のアメリカと、それを愛する人々を見て楽しみました。

    さて、そんな中に古いジュークボックスを売っている店が。 よく見ると、S-38Cがありました。 程度は決してよくなかったものの、楽しい雰囲気につい財布を取り出してしまいました。

click here for larger image


    バックパネルなし、底板もなし。 バンドセレクタノブはやはりサトーパーツ製の矢型に交換されています。 写真では一見きれいなようですが、よく見るとそうでもなし。 トランスレスなのに、シャーシとケースを絶縁する部品が失われており、したがって電源を入れてケースを触ると感電するというありさま。

    真空管はすべて生きており、電源ケーブルの新品交換だけで鳴りだしました。 しかし全体的な性能はというと、エコーフォンEC-1Aに劣っています。 どうやらトラッキングを含めて調整が狂っているようで、短波の6MHz台で感度がよくなるように調整すると9MHz台が聞えなくなったり。

    電源平滑用のブロック電解キャパシタは古いものがついていますが、 タイラップで止められているところを見ると以前に修理されて別のものに置き換わっているものと思われます。 が、それ以外のキャパシタはおそらく純正のまま。 交換の必要があるでしょう。 面白いのは、小型の白いチューブラ型キャパシタは日本製。 EC-1Aではすべてシカゴ製でしたから、この時代には部品レベルながら日本製品の進出が始まっていたようです。 内部配線は雑然としています。

    EC-1Aと同様のダイヤル機構ながら、操作感はあまりスムースではありません。 ひょっとしたらEC-1Aよりもバリコンの工作精度が悪いのかも。 スムースにできるかどうか、今後の作業待ち。

    ともかくこのラジオは電気的・機械的に、かなり時間をかけてレストアする必要があります。 最低でもシャーシとケースを絶縁して、感電しないようにしなくてはなりません。
    シャーシ上面はかなりひどくサビで汚れていたため、 旧車スワップミートで買った「これで磨けばあなたのポンコツもコンクールで入賞できます」なる宣伝文句の研磨剤で一通り、 たぶん6時間ぐらいかけて磨きました。が、コンクール入賞はまだまだ先のようです。


Return to Restoration Projects
Return to NoobowSystems Lab. Home

Copyright (C) NoobowSystems Lab. San Jose, California 1999.
Copyright (C) NoobowSystems Lab. Tomioka, Japan 2000, 2001, 2002, 2004, 2005, 2009.

http://www.noobowsystems.org/

Jan. 18, 1999 Created.
Jan. 31, 1999 Revised.
Feb. 01, 1999 Added link to SkyWaves by Mr.Al Klase, N3FRQ. Thank you very much!
Jul. 03, 1999 Revised incorrect description.
Dec. 23, 2000 Revised.
Jul. 27, 2002 Revised links.
Aug. 10, 2002 Reformatted using Netscape 6.2.
Aug. 13, 2002 Reformatted with Mozilla 1.0. Improved compatibility between browsers.
May. 15, 2004 Reformatted.
Jan. 28, 2005 Reformatted.
Oct. 31, 2005 Unified web server location.
Jul. 30, 2009 Reformatted. Adapted Japanese text rendering behavior of Google Chrome 2.0.