NoobowSystems Lab.

Radio Restoration Projects

SONY CSF-99 "Energy 99"

Stereo Radio Cassette Recorder
(1981)



SONY CSF-99 Energy 99



ついに山が来た

    高校生時代の残りは AIWA TPR-840 とLo-D D-77SそれにJARL群馬支部大会で買った3000円スピーカで暮らしていたし、 基本的に仕送りなしの大学生活になってからはオーディオ機器に投ずるお金などありませんでした。 SANYOのモノラルラジカセではさすがに我慢できなくなって1982年にAIWA Footwork SRを買った時はおそらく、 6万円とか7万円とかの値札のついた製品は見ないようにしていたのでしょう。 私にとって1980年代のラジカセ巨大化の潮流はどこか別の世界で起きたことでしかありませんした。

    2013年秋になってポゴがAndroid Walkmanで音楽を楽しみ始めました。 2014年07月、ポゴはスピーカで聴きたいからと言ってウォークマンと一緒に買ったウォークマンドックを第2研究所に持ってきました。 おいおい、スピーカグリルを凹ますなよ。 それはしょっちゅう持ち運ぶものじゃないんだぞ。 スピーカで聴きたいなら アイワのCDラジカセを改造してあげた だろう?
    でも改造アイワラジカセはミュートが入るために使いにくく、ポゴいわく突然音量が変わることがあるといって使ってくれません。 第2研究所になにか別のパワードスピーカを用意するようだな。

    おそらく5年以上ぶりに第2研究所の物置を開けてみたら、何やら大きくて重いものがあります。 ばあちゃんの字で「ラジオ」と書かれた埃まみれの黒ビニール袋を開けてみたら、出てきたのはソニーの巨大ラジカセでした。 ええっ、こんなものがあったんだ。そういえばこんなのをもらったことがあった気がする。 電源を入れてみると、ラジオはとてもいい音で鳴り始めました。ライン入力ジャックもあります。こりゃウォークマンをつなぐのにちょうどいいぞ。 ポゴ喜べ、 山だ、ついに山が来たぞ。

    1981年型SONY CFS-99 "Energy 99" は質量10sを越える巨大ラジカセ。 テープドライブはシングル、またラジカセにCDが積まれるようになる前の世代ですが、絶滅に向かって巨大化を続ける系統樹の代表的な個体例です。 スピーカは20cmウーファと5cmツイータ、パワーアンプは6w+6w、もはや単1乾電池では内部インピーダンスがネックとなるスペックです。

    ライン・フォノ切り替え式入力ジャックがリヤパネルに、2系統のマイク入力がリアパネルとフロントパネルのそれぞれにあり、 スラントされたトップパネルには2系統独立のマイク入力レベルとパンポット調整それにマニュアル録音レベル調整。 加えてフロントパネルにはカセットデッキなみの大型レベルメータがありますから、 私が小学生・中学生の時にもしこれがあればオリジナルテープ作りがずいぶんはかどったでしょう。

    ライン入力ジャックにスマートフォンのヘッドフォン出力をつなぐと、 当然ですが入力レベルは少し不足。 もちろんボリュームを上げれば十分な音量が得られますが、 レベルメータの振れが少なくて寂しいのであればMIC MIXスイッチを押してREC LEVELコントロールを最大にすればほぼ適正なレベルにできます。

    20cm級のスピーカと大出力アンプはさすが。 8cmフルレンジにしか過ぎない2013年製のウォークマン用純正ドックCMT-V10よりもずっと豊かな低音が出ます。 AMラジオもとても心地よく聴けます。 ドンシャリな耳を持つ私 はそれでもトーンコントロールをバス・トレブルともにフルにしてしまいますけど。 このモデルにはグラフィックスイコライザはなく、Dolby NRも持っていません。機能面からすればこのラジカセはまだ進化の途中にあります。

    スライド式ポテンショメータの少しばかりのガリを除けばアンプとラジオの動作はパーフェクト。 内蔵電源はハムがわずかに感じられていますが、しばらく使えば電解キャパシタの再化成も進むかも。 パワードスピーカとしての用途にはパーフェクトです。でも使わないときはAC電源プラグは抜いておくべきだな。

    カセットドライブは動作せず。まあこれは当然。スピンドルは回っていますから、リール駆動ベルト交換で治るかな。 ポゴのウォークマン用には必要ないから、修理はいつかそのうちにということで、仕掛りリストに登録。

2014-08-24 CFS-99 パワードスピーカとして使用開始


  • このページのテキストは Noobow7200 Dell Latitude 10 ST2 Windows8.1上のEvernote Touch で書きました。

  • Return to Restoration Projects
    Return to NoobowSystems Lab. Home

    Copyright(C) NoobowSystems Lab. Tomioka, Japan 2014.

    http://www.noobowsystems.org/

    Aug. 24, 2014 Page created.