Go to NoobowSystems Lab. Home

The Chief Science Officer

First Soil

ファースト・ソイル


First Soil
2004年02月21日

    昨年11月の1歳の誕生日には自立直立保持時間わずか1秒。 保持時間はしだいに延び、最初の一歩が出るようになり、 今年1月中旬には屋内での自立歩行に成功。

   2月になるとかなり自由に歩行できるようになってきました。 そろそろ外を歩けそうだなと思い靴を履かせてみると、やはり初めてのことで違和感に戸惑っている様子。 そこで昨日は靴を履かせただけでだっこして、靴そのものに慣れさせておきました。 今日 ママが心療内科で産後うつ病のカウンセリングを受けている間の待ち時間ドライブのとき、はじめて靴を履いてのお外でのあんよにトライ。 すると最初の一歩からなんなく歩行開始、いきなり駐車場に向かって突き進んでいきます。
Prize
    ポゴのファースト・ソイルは新設されたばかりの道の駅でした。 砂利の感触が楽しいらしく、ずいぶんエキサイトしました。

    最初の1時間だけでころびつつも結構な距離を歩きました。 もう一人前だね。 のでお祝いとごほうびに、オレンジジュースと売店で買った下仁田納豆。 さあ、病院に戻ってママに報告しよう。

    ママは先月末にようやく自力でポゴを連れてスーパーマーケットに買い物に行けるようになりました。 この1ヶ月はほぼ毎日、どこかに出かけています。

Pogo's first RadiioFlyer

2004年02月29日

    それこそポゴが影も形もなかったずいぶん前に買っておいたラジオフライヤー クラシック ワゴンを組み立てました。 ホイールにアクスル シャフトを通す作業はポゴが自分で行いました。

    最近、あまりしゃべらなくなりました。 ちょっとつまんないなあ。 ところが立ち寄った本屋さんでUnix/Linux関連棚の前にきたら突然何かにとり憑かれたようにぺらぺらぺらぺらと大声でしゃべりだしたのです。 たまたまなのだろう、と思ったのですが、別の本屋さんでもやはりUnix関係の本棚でエキサイトします。  ななな、なんで???

    外にポゴを連れ出すことが問題なくできるようになったママは、昼間 歩いていける範囲で近くの公園に行ったりわんにゃん探しに出かけたりしています。

Honda Airport

2004年03月28日

    天気もいいので桶川のホンダ エアポートに出かけました。 ここに来るのは実に久しぶりだなあ。 ヘリコプターに、セスナに、パラセール。 航空機もエキサイティングながら、広いところで走り回れて大喜び。 ポゴは防災ヘリの発進シーンをみたこの日以来ヘリコプターのファンになってしまいました。 飛行船がないのがさみしかったですが。

    ポゴは道路だろうが立ち入り禁止区画だろうが滑走路だろうが突進していきますから、大変危険。 そこでテザーを必ず着用しています。 カリフォルニアではトドラーには常識の装備でしたが、日本ではまだまだ珍しがられます。 日本の大手のベビー用品チェーン店で買ったもので、かわいいウイングつき。 
Rice Lover
2004年04月01日

    もう大人と同じものを食べるようになっていますが、ポゴはご飯がだいすき。 ごはんがススム君すら不要です。

    12月末に実施した血液検査の結果ではミルクアレルギーの反応は出なかったのですが、 その後も何度かミルクを含む食品によるものと思われる発疹が認められたので、 ミルクを明らかに含む食品は相変わらず避けています。 もうすぐ通うことになっている保育所はアレルギー食対応してくれるし、 ポゴのために特別にラクトレスを用意してくれるとのことで、その点は安心。
Kindergarden
2004年04月05日

    産後鬱 (Postpartum Depression) のために他の赤ちゃんや母親と一緒に居られなかったママですが、しだいに、着実に回復してきています。 通院治療と本人の努力の甲斐もあって、保育所の入所式に特別扱いすることなく他の子供や親と交じって出席できました。 が、かなりガチガチに固まっています。

    ポゴはというと、先月前半から自分の名前をフルネームで呼ばれると両手をあげて応答できるようになったし (*1)、 お試し一日入所の日はいきなり他の子供と一緒に遊びだしたりして、母親に依存しない強さを発揮しています。

*1 でも直後に「伊藤 蘭さ〜ん」「ペネロペ・クルズさ〜ん」と呼んだときも同様の応答をしたので、技能認定には至らず。
PEV-3 Just Acquired
2004年04月05日

    ラボのあるアパートの駐輪所には他の家の子供用三輪車や自転車が何台もあり、 駐車場を歩き回れるようになったポゴはかわいらしい三輪車に興味津々。 ので、中古おもちゃ店で三輪車を買いました。 店頭にあったのは、3000円のミッフィーさんのオレンジ色モデルと、1000円のサビサビのみすぼらしいモデル。 で、ヨメとも協議の上1000円のにしました。 フートレスト トレイがついているのが最大の選択理由です。 制式名はヤマオカFFターボー。 おそらく1999年製造モデルです。 後継モデル ヤマオカ ニューFFターボーではライダーの横転落防止ガードがつき、フートレストの形状が変更され、アシストバーがステアリング連動方式になっています。 最新型のヤマオカ ニューFFターボーIIではアビオニクス・ベイの電子回路の機能向上、ペダルアセンブリの改良が入っています。 むう、やはり最新型はいいなあ。

    で、保育所入所式から帰ってポゴが午眠している合間に、この1000円サビサビマシンのレストア作業を開始しましょう。 完成したら、ポゴ保育所入所のお祝いプレゼントです。
PEV-3 Disassembled

    うん10年前のこと。 私の三輪車はライトグリーン色でした。 スチールプレス製ホイールをもち、白いグリップエンドから垂れ下がるカラフルな飾り紐が楽しいその三輪車はツノダ製ではありませんでしたが、 ある日私は

と歌いながらいつものように庭の物置小屋から発進。 すると突然メインフレームが折れ、私はハンドルを握ったままズドンと地べたに尻餅をついてしまったのです。 そばにいた祖母が腹を抱えて大爆笑するのを横目で見ながら、なんてヘボい設計なのだと私はひとり大憤慨していました。
    ので、そんなことが再び起きないよう、まずは分解点検です。

    欠品も破損もなく、問題点はフレーム後部、ステップ プレートと左右のアクスル部のサビ。 強度的にもっとも弱いのは、ダウンチューブとリヤ アームとの突合せ溶接部。 くそう、あのときのオレのマシンはここが折れたんだ。 この三輪車の場合この部分は幸いサビは出ていませんし、クラックも入っていません。

PEV-3 Frame
    リア アクスル シャフトはサンドペーパーでサビを落とし、高速走行に耐えるよう耐熱グリスを塗布します。 強大な横Gを支えるためのスラスト カラー、スラスト ワッシャも丁寧に清掃。
    ステップ プレート部のサビは軽くペーパーをかけた後、ボロ隠しにブラックのスプレーを吹きました。 メイン フレームの前半部は再塗装せず。

    ステアリング ヘッド カバーはスチール深絞りのクロームメッキ仕上げですがこれも修正不可能なサビ、ですがこれは安全性には問題がありません。  金属研磨剤で磨いて、ある程度は修復できました。 このマシンのキャスター角は立ち気味であり、ステアリング ヘッドにはスプリング式中立復元補助機構("オートストレーター")があります。 入手時はステアリングも渋かったのですが、ステアリングシャフトとオートストレーターを分解清掃してグリスアップしたらきれいに軽く中立復元するように なりました。

    プラスチック製のホイールとホイール カバーも清掃。
PEV-3 Service Completed
    サスペンション シート スプリングはストロークするとキイキイうるさかったのですが、 スプリング摺動部に潤滑剤を塗布したところ静かでスムースなストロークが得られました。

    清掃した各コンポーネントを組みつけ、ソリッド ラバー タイヤを清掃してタイヤワックスをかけ、完成。 フートレスト トレイはボルト一本で簡単に取り外すことができます。 強度もあり、排水のための穴が開けてあったりと、好感が持てます。 全体的にメインテナンス性は良好で、良い造りであることがわかります。 このマシンは PEV-3 (Pogo Excursion Vehicle 3) と命名(*2)されました。 写真だとよくわかんないけどきれいになったんだよ!

*2 精読されている読者さんのなかには(いないって)、PEV-1/BとPEV-3との間にPEV-2が存在することを推測された方もいらっしゃるかと。 PEV-2は、アレクセイ・レオーノフ号に常備のアップリカ葛飾製の中古ベビーカーです。PEV-2はもらい物なので価格は\0でしたが、汚れまくりだっ たのでフル分解清掃しました。 ブラック基調のシート生地が褪色してしまっていかにもの古臭さが残っています。
PEV-3 Shakedown Test
    午眠から起きたポゴがさっそくPEV-3のシェイクダウン テスト。 アビオニクス・ベイはラボのワークベンチで分解保守するために取り外してあります。 はい、保育所入所おめでとうプレゼントだよ。 三輪車に触れるのはこれが初めてなのに、自分でまたがり、正しい姿勢で乗車しました。 ええっ、誰に教わったの?

    実際にはポゴはステアリング操作をマスターしていないし、クランク動作もできません。 ので、アシストバーで押しながらいちいち補舵してあげなくてはなりません。 ステアリング連動アシストバーが欲しいところです。 が、そんなのはライダーがマスターすればすむ問題。 ほら、左だよ、左! 足はフートレストに乗せて!! 外足荷重を忘れずに !! 目線は出口に向けて!!! ニーグリップを効かせて!!!!
    パパのライディングテクニックは見よう見まねで身につけたものですが、ママはあの世界GPライダー、 根本 健 氏に直々にライディングフォームを教わった というすごい経歴を持っています (教習車はGSX-R1100)。 ポゴはまだ体が小さいから、ジェフ・ワードを参考にするといいよ。
Staircase

2004年04月11日

    階段登りはばあちゃんちで結構前にマスターしていましたが、慎重なポゴは降りるのは苦手です。 怖がりながらも、少しずつ練習。

HoshitsukiPiano
2004年04月24日

    大好きだった喫茶店が閉店することになってしまいました。 ラボから高速道路を使っても1時間以上かかるのでそうそう頻繁には行けませんでしたが、 ここほどリラックスできる場所はありませんでした。 昨年は、ヨメの産後鬱の影響でほとんど行けませんでした (「行くと楽しかった頃を思い出してしまって辛くなるから」ということで・・・)。 ようやく心の負担が軽くなりポゴを連れてこのお店に3人でいけたとき、 ヨメが産後鬱から確実に回復しつつあるという実感を得られたものでした。

    今日は閉店前最後の日曜日。 ポゴは3回目、これが最後のシフォンケーキ。 小川町のにんじんジュースも大好きです。
What's the multitask, daddy?
2004年05月02日

    保育所通いを始めて、セオリーどおりにカゼをひきました。 せっかくのゴールデンウイークなのにお鼻がズルズル。 鼻水すいとり器はいやがってうまく使えず。 アタマを冷やすのも嫌がるし、なかなかたいへん。

    なおりかけた夜中にぐずって起き出して、机の上においてあった本を開いてペンをもち、お勉強をはじめました。 たしかに難しい本を読めばすぐにまた寝られるもんね。 で、自分で開いたそのページはWindows95の仮想マシンマネージャとプロセススケジューリングの説明。 よくなるどころか、このあとさらにおツムが過熱してしまい、翌日は高熱で一日ダウン。 だからあ、最初はDOSからでいいんだよ。


<Prev   Next>


Return to The Chief Science Officer
Return to NoobowSystems Lab. Home

Copyright(C) NoobowSystems Lab. Tomioka, Japan 2004, 2009

http://www.noobowsystems.org/

No material in this page is allowed to reuse without written permission. NoobowSystems has no business relationships with the companies mentioned in this article.

May. 04, 2004 Published.
May. 13, 2004 Fixed wrong usage of Japanese.
Aug. 12, 2004 Added a link to the next page.
Oct. 20, 2009 Updated. Adapted Japanese text rendering behavior of Google Chrome 2.0.