Go to NoobowSystems Lab. Home

The Chief Science Officer

PostPartum Pogo

ポストパータム・ポゴ



2003年03月14日

    ポゴはこんな脱力フェイスで、マイペースで毎日を楽しんでいるようですが、 一方でヨメの産後鬱は日に日にひどくなってきています。 この産後鬱、 PostPartum Depression (PPD) ってやつは、実際に身内がその状態に陥らないとその苦しみがわからないものなのかもしれません。 スルピリドに加えて塩酸ミアンセリン、塩酸パロキセチン水和物の投与を受けていますが、 ただ単にセロトニン濃度を上げればいいだけのはずもなく、 周囲の理解がなにより重要。 幸いわれわれの親には状況と対応を理解してもらえたのですが、 一般的に年配の方に産後鬱について理解してもらうのはかなり困難なようです。

    それにしてもペロ長いなあ。

2003年03月12日

    PEV-1 (Pogo Excursion Vehicle 1) で近所をお散歩。 この車両はハンドキャリィ、ロッキングチェア、ベビーシートさらにベビーカーになるというマルチパーパス機で新生児から使用可能、 さらにカート単体でセカンドベビーカーにもなるというスペック。 ですが、PPD患者一人では赤ん坊の散歩などとても不可能なので、いままでほとんど出動できていませんでした。 この日、はじめてベビーカーモードで使用。 すでにインファント・パッドは窮屈な状態になっています。


2003年03月16日

    うつぶせにすると自分で首を持ち上げるようになってきています。

    PPDのためもありヨメもポゴもまだ実家にいますが、そろそろラボにポゴの居住区を作ってやらないと。 とにかく現在のラボは乳幼児と暮らすにはあまりにも問題があります。 800Vの電源装置がむき出しなのはまずいっしょ。
    で、仕掛かりプロジェクトやらラジオやらパーツやら不急の機材を秘密の倉庫に搬出すべく段ボールに詰めたら40箱以上にもなりました。 タンスも搬出したいし、これは業者を呼ばなくちゃ。

    2トントラックを使い40箱も搬出したのに、ワークベンチ周辺はまったく変化なし。 いったいどういうわけだろう?


2003年04月09日

    きちんと整えてやっているんだね、と言われるほど前髪はそろっていますが、頭頂部はベッカム・スタイル。 ここ2週間ほどの間に、後頭部の髪の毛が擦れてなくなってしまいました。 ということは、いつも右だけ向いているわけではなくなってきている、ということです。

    ミルクアレルギーに関しては診断が出たとき以来クロモグリク酸ナトリウム溶液をスポイトで経口投与しており、 また明治ラクトレスを継続使用しています。 嘔吐や下痢、あるいは湿疹などの症状は見られないのでホントにアレルギーなの? と思ってしまいますが、お医者さんの言うとおりに。


2003年04月09日

    4ヶ月検診とDPT予防接種のため保健センターへ。 PPD患者一人では無理と判断しダンナも一緒に ターボ・ファルコン号 で出動。 保健センターでは保健婦さんがPPDに配慮していただき、とても助かりました。

    買い物の後ラボに戻り、注射がトラウマにならなければいいなあと思っていると、ポゴは案外にごきげん。 昨日から半分ギャグで "Oh Yeah!" と言わせてみようとおしゃべりの練習をしていましたが・・・ まさか4ヶ月児からねぎらいの言葉が出るとは!! ムービー 中の最後の一言を聞いてみてください。


2003年04月16日

    産後鬱に関してどこかアドバイスしてくれるサイトはないものかと思ってウェブをサーチすると、 日本国内ではほぼゴミ情報しかないものの、英国とアメリカにいいサイトがいくつもありました (産後鬱は英語ではPost Natal Depression、米語ではPostPartum Depression)。 特に、


のサイトはすばらしく、 ポストパータム・ストレス・センターから出版されている "PostPartum Husband" - 「産後の夫」 を購入して読んでみると、 これこそ求めていた答!!! PPD患者を妻にもつ夫の悩みにすべて明確に、ずばりと回答してくれています。 この先しばらくは悪路が続くとしても、少なくとも道は間違っていないという実感が得られました。 本当に感謝!!!!

ムービーはMicro$oft Media Playerフォーマットです。 ごめんなさい!!!
<Prev   Next>


Return to The Chief Science Officer
Return to NoobowSystems Lab. Home

Copyright(C) NoobowSystems Lab. Tomioka, Japan 2003, 2009

http://www.noobowsystems.org/

No material in this page is allowed to reuse without written permission. NoobowSystems has no business relationships with the companies mentioned in this article.

Apr. 09, 2003 Created.
May. 03, 2003 Revised.
Dec. 23, 2007 Reformatted.
Oct. 20, 2009 Updated. Adapted Japanese text rendering behavior of Google Chrome 2.0.